記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    タグ絞り込み検索
    2010年03月14日00:20土佐文旦チョコレート
    bca0b9ba.jpg土佐分担をもらったので、それをホワイトチョコレートでコーティングしたらおいしいんじゃないかと思って作ってみた。ちなみにチョコレートを溶かすのは初めてでフライパンに板チョコをのせて溶かしてみたら、フレーク状になってしまった。どうやら湯煎で溶かさないといけないらしいが、いまさら面倒なので、遠火で温めつつバターを入れて何とか液状化した。しかしザラザラは残ってしまった。チョコレート職人というのが存在している理由がやっと理解できた瞬間。 冷蔵庫で冷やしてから食べてみると、チョコレートの甘味と文旦の酸味がキャンセルして最低の仕上がり。チョコレートを食べてから文旦をたべるとおいしかったのだが、単純に組み合わせただけではダメだなあ。 アルミホイルに袋をむいた文旦を乗せて上からチョコレートをかけたので、見た目がNGなのは当然であるが、ここまで味がひどいとショック。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントする

    名前
     
      絵文字