記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    タグ絞り込み検索
    2015年08月30日15:51DMC-GH4のフラッシュ同調速度 1/250→1/500



    GH4はフラッシュ発光時のシャッタースピードは1/250が上限に設定されるが、ツイートにあるとおり汎用フラッシュなら1/500までケラレずに撮れるのか試してみた。

    手持ちのTTLフラッシュ(DMW-FL360L)に養生テープを貼って真ん中の端子以外を絶縁して汎用フラッシュ化した(養生テープは薄いのですぐに端子が貫通してしまうのでもっと丈夫なテープをつかうのがよさげ)。TTL調光できないので変わりに外光オートにしてISO200/F2.8に設定。

    _1010607_1010606

    試した結果、GH4でも1/500でフラッシュが焚けた。残念ながらGH3では汎用フラッシュ化してもシャッタースピードは1/160に制限された。それにしても、この制限をマニュアルにも書かずにあえて外してきた理由はなんだろうか。

    1/250

    _1010591

    1/400

    _1010592

    1/500

    _1010593

    1/640

    _1010594

    1/800

    _1010595

    1/1000

    _1010596

    1/1300

    _1010597

    1/1600

    _1010598

    1/2000

    _1010599

    1/2500

    _1010600

    1/3200

    _1010601

    1/4000

    _1010602

    1/5000

    _1010603

    1/6400

    _1010604

    1/8000

    _1010605

    ところで、フラッシュ(DMW-FL360L)の発光時間を調べてみると仕様では約1/20000~1/500秒となっていた。ということは1/500だとフラッシュの発光時間が問題になるかもしれないと思い、フル発光時にどうなるか試してみた。結果的にはケラレなかった。FL360Lの1つ上の機種DMW-FL580Lのフル発光時の発光時間は1/250まで落ちるので、その関係で設定できる範囲を1/250に抑えたのかもしれない。

    1/250

    _1010610

    1/500

    _1010609

    1/640

    _1010611

    ここまでやっておいて、白とびしてたら発光時間の影響はわからないことに気づいたので、F22まで絞ってかつND8をつけて露出をあわせて撮ってみた。表の横方向は発光量、縦方向はシャッタースピード。

    ISO200, F22, WB flash, ND8

    1/1 1/2 1/4
    1/160 _1010616 _1010626 _1010621
    1/250 _1010617 _1010627 _1010622
    1/400 _1010618 _1010628 _1010623
    1/500 _1010619 _1010629 _1010624
    1/640 _1010620 _1010630 _1010625

    フル発光(1/1)では1/400になると下のほうが暗くなっている。発光量を半分(1/2)にすると1/400は均等の明るさになるが1/500はだめ。さらに半分の発光量(1/4)にして1/500で明るさが均等になる。

    というわけで1/500を生かすには発光時間の短いフラッシュが必要。profoto B1の1/1000は魅力的だけど30万はだせないなぁ。nissin i40はちょっと出力おちるけど1/800。あるいは発光量を絞って4発にするとか。あるいは下の方が光量不足になってもよいような絵にするか。






    このエントリーをはてなブックマークに追加

    トラックバックURL

    コメントする

    名前
     
      絵文字