記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    タグ絞り込み検索

    PHP

    2010年08月24日17:13eAccelerator/FreeBSD
    phpicalendarがあまりに遅いので eAcceleratorというのを入れてみた。結果としては「速くならない」のだが、 phpicalendarの設定で save_parsed_cals' => 'yes' を有効にするとかなり速くなることから、 iCalendarファイルの解析にかなり時間がかかっているのかもしれない。 eAcceleratorのインストール(FreeBSD)は
      cd /usr/ports/www/eaccelerator
      make
      make install
    
    でおしまい。 make installのときに
      You have installed the eaccelerator package.
    
      Edit /usr/local/etc/php.ini and add:
    
      zend_extension="/usr/local/lib/php/20090626/eaccelerator.so"
    
      Then create the cache directory:
    
      mkdir /tmp/eaccelerator
      chown www /tmp/eaccelerator
      chmod 0700 /tmp/eaccelerator
    
    と表示されるが、php.iniに直接設定するのではなく、ディレクトリを掘って配布のファイルをコピーした。
      mkdir /usr/local/etc/php
      cp /usr/local/share/examples/eaccelerator/eaccelerator.ini /usr/local/etc/php/
    
    あとは指示どおり
      mkdir /tmp/eaccelerator
      chown www /tmp/eaccelerator
      chmod 0700 /tmp/eaccelerator
    
    して、
      /usr/local/etc/rc.d/apache22 restart
    
    で完了。
      <?php phpinfo() ?>
    
    とだけ書いたHTMLファイルをつくって、これをブラウザで開くと、

    eAccelerator

    eAccelerator supportenabled
    Version 0.9.6.1
    Caching Enabled true
    Optimizer Enabled true
    Check mtime Enabled true
    Memory Size 33,554,360 Bytes
    Memory Available 31,534,256 Bytes
    Memory Allocated 2,020,104 Bytes
    Cached Scripts 32
    Removed Scripts 0

    DirectiveLocal ValueMaster Value
    eaccelerator.allowed_admin_pathno valueno value
    eaccelerator.cache_dir/tmp/eaccelerator/tmp/eaccelerator
    eaccelerator.check_mtime11
    eaccelerator.debug00
    eaccelerator.enable11
    eaccelerator.filterno valueno value
    eaccelerator.log_file/var/log/httpd-eaccelerator.log/var/log/httpd-eaccelerator.log
    eaccelerator.optimizer11
    eaccelerator.shm_max00
    eaccelerator.shm_only00
    eaccelerator.shm_prune_period00
    eaccelerator.shm_size00
    eaccelerator.shm_ttl00

    と出て確認できる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加