記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    タグ絞り込み検索

    TASCAM

    2020年05月01日23:49マイクの音を比較してみた

    IMG_20200501_234708手もとにあるマイクの音を比べてみた。

    • ノートPC: Thinkpad X1 Carbon gen4の内蔵マイク
    • ヘッドホン: WH1000-XM3の(ノイズキャンセリング流用)マイク
    • カメラ: GH4の内蔵マイク
    • ICレコーダ: DR-07mk2

    テレカン向けではPCかヘッドホンのマイクが声がはっきり聞こえてよい。

    ヘッドホンのマイクはBT接続のためかノイズが多い。

    カメラやICレコーダのマイクは音質がフラットなので声が遠く感じる。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019年06月23日16:37ブラシレスジンバルにPCMレコーダをくっつける

    MOZA AirCrossにPanasonic DMC-GH4を載せて撮影するのは慣れてきた。GH4の内蔵マイクはそんなに悪くないけどでも外付けのPCMレコーダで音をとりたい。

    ジンバルの左側に1/4インチメスネジがあるので、SmallRig ダブルボールヘッド マジックアームをつかってTASCAM DR-07mkIIを固定することにした。DR-07本体にはショックマウントが内蔵されていないので外付けでBOYA ショックマウント BY-C10をはさむことにした。

    アマゾンでぽちっと。

    SmallRig ダブルボールヘッド マジックアーム 2個セット

    1099円

    _1240348_1240349_1240351_1240352_1240353_1240355

    BOYA ショックマウント BY-C10

    2997円

    _1240356_1240357_1240358_1240359_1240361_1240362

    ショックマウントの下側は太ネジになっていて、そこにホットシューアダプタがつけられるようになっている。ホットシューアダプタの下には小ねじが空いているのでそれを使う。

    合体

    MOZA AirCross→SmallRigアーム→ホットシューアダプタ→BOYAショックマウント→DR-07とつないでみたら、AirCrossのベースプレートとDR-07がぶつかってしまうことがわかった。事前に高さ計算しておくべきだったな。。。

    IMG_20190620_221323IMG_20190620_221631

    DR-07を下向きに取り付ければ干渉しなくなるが、DR-07の操作が困難なのでダメ。

    IMG_20190620_221702

    ショックマウントなしならジンバルのベースプレートとぶつからない。ヨー方向(左右方向)のアームとの隙間はほんのわずかでちょっと心配なレベル。ただ、ジョイスティックをさわったときのタッチノイズをマイクが拾ってしまうのでこれはダメ。マイクゲインが低い(音が大きな場合)はタッチノイズは問題にならないかもしれない。

    IMG_20190620_221414

    ジンバル本体にPCMレコーダをつけるのをあきらめてカメラのホットシューにのせてみたら重心が上すぎてピッチ方向(上下方向)の静的バランスがとれない。ジンバルの電源をいれるとバランスはとってくれるがモーターがあったかくなったので常用しないほうがよさそう。

    IMG_20190620_221224

    というわけで、ぴったりな構成がみつからなかったのでSmallRig スーパークランプをポチって到着待ち。。。






    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018年12月09日18:47ウィンドウスクリーン TASCAM WS-11

    TASCAM DR-07MKIIを屋根のある屋外で使ったっら吹かれてひどい目にあったので、RØDE Stereo VideoMicについていたDeadkittenをかぶせてみたら風の吹く屋外でも大丈夫だったが、さすがに形が合わないので専用品 TASCAM WS-11 を買うことにした。(いちおう百均でつかえそうなフェイクファーがないかみてみたけどちょうどよいのがなかった)SOUNDHOUSEで1274円。千葉の空気もいっぱい届いた。

    IMG_20181125_134535IMG_20181125_134647IMG_20181125_134553IMG_20181125_135208

    IMG_20181125_134743IMG_20181125_134736IMG_20181125_134816IMG_20181125_134839

    裏返したところ

    IMG_20181125_134859

    うわさどおり、よく毛が抜ける。RØDEのやつはぜんぜんきにならなかったけど。そのうちハゲたりしないかちょっと心配。

    ついでにDR-07とウィンドウスクリーンをしまっておく容器を百均で調達。そもそもDR-07が入りそうな容器がほとんどなかったが、薄切り肉保存容器がちょうどいい大きさだった。

    IMG_20181208_194316IMG_20181208_194344IMG_20181208_194420

    手もとにあったUSBデスクファンの風をあてて効果をみてみた。

    何もつけないと振り切ってしまって使い物にならないが、ティッシュペーパーを1枚置くだけで結構効果があり、WS-11をつけたら風の影響をうけなくなり、RØAD Deadkittenをつけたらさらに静かになった。RØAD DeadkittenはWS-11に比べると毛の長さが倍ちかいのが効いているっぽい。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018年10月26日08:52TASCAM DR-07MKII-JJ

    RØDE Stereo VideoMicをGH3/GH4につないでつかっていたが、どうもマイクの感度が低いようで、カメラの入力ゲインを最大にまで上げないといけない場合が多く、カメラ内蔵のマイクアンプのホワイトノイズが気になっていた。あと低音の感度が低いのも気になっていた。カタログのf特グラフだとそこそこ低音まで伸びてたので期待してたのだが。

    1万円くらいのICレコーダということでTASCAM DR-07MKII-JJを買うことにした。発売からかなり時間がたっているベストセラー機っぽい。Joshinでいろいろクーポンが勝手に適用されて9730円也。

    開封の儀

    _1210378x_1210381x_1210382x_1210384x_1210385x_1210386x_1210387x_1210388x_1210389x_1210390x

    側面

    _1210392x

    メモリカードはmicroSDで電極側が上を向くように挿入する。蓋はラバーのはめ込み。マイク部分は金属かとおもってたらプラスチック製で型のつなぎ目が残っててちょっと安っぽい。公式ページだときれいだから金属だと思い込んでしまっていた。

    裏面

    _1210393x

    スポンジ製の足がついている。ストラップホールもある。マイクアンプとして使う場合にストラップでスタンドにひっかけておくのにつかえそうではある。

    使用感

    肝心のノイズは内蔵マイクをつかえば(無音とまではいかないが)十分低ノイズ。外部入力端子にRØDE Stereo VideoMicをつないだ場合はマイクの感度が低い分ノイズが気になる。

    操作方法はマニュアル読んで一通りメニューたどっておけばだいたいわかる。日本語バージョンだし。

    不満点

    風防が付属してないので風にめちゃくちゃ弱い。公式のアクセサリで1200円ちょっとで買えそうだが百均でフェイクファーを買ってきて自作するか悩んでいる。

    なぜかノイズが乗る。振動ではなくて電磁波の干渉っぽい感じ。携帯電話の電波の可能性が高いが、そこまで接近させてないのにノイズが乗るので、原因は違うかもしれない。結構不満。簡易的なシールドを自作する必要があるかも。

    付属の紙のマニュアルの印刷の質が悪い。紙の質がよくないのはいいのだが、字がかすれて読みにくいのが問題。コスト削りすぎ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加