記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    タグ絞り込み検索

    pelikan

    2019年07月08日22:43ペリカン トレド 軸の継ぎ目からインク漏れ

    1か月前くらいから軸の指先が当たる部分(首軸)と透明部分(胴軸)の境目からインク漏れするようになった。じんわりと漏れてくる。

    どのあたりから漏れてるのかわからなかったので紙テープを巻いて放置してみた。

    _1240452x

    _1240451x

    _1240453x

    _1240454x

    右側からのインク漏れがひどくて左側からも少し漏れている。

    カバンに入れているときに軸を折る方向の力がかかったんだろうか。それともインクに侵されたんだろうか。

    万年筆を使うたびに指を拭かないといけなくて不便すぎるのでそろそろ修理に出すか。

    似たような事例をネットで見つけたが修理費はどのくらいになるんだろうか。

    2019-07-08

    丸善に修理に出してきた。まずは見積もり。お盆が近いので修理完了に時間がかかるかも、ということだった。

    IMG_20190708_224012

    2019-11-07

    丸善から修理完了の連絡。客先での打ち合わせの帰りに受取り。修理代金は10000円也。修理明細では修理完了日は2019-11-01と書いてあったがこれがドイツでの修理完了なのかペリカンジャパンに戻ってきた日付なのかは不明。

    • 不良内容
      • 胴軸首部ヒビ
      • ピストン劣化
    • 修理内容
      • 胴中軸交換
      • ピストン交換

    ピストン傷みすぎだろ。インクがよくないのかな。Rohrer&KlingnerのSchreibtineをいれてた。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018年02月02日01:25ペリカン トレド ペン先が曲がったので修理した

    2017-06-29

    ペリカン トレド ペン先が曲がってしまった

    どうにもペンをひねって書くクセがあって、万年筆をつかっているうちにペン先が左右ズレてきてしまうので、ときどきペン先の背を紙の押し付けて歪みを矯正していたのだが、力が入りすぎてニャッとまがってしまった。再起不能。

    _1140403x_1140402x_1140401x

    帰宅途中の新宿伊東屋にもっていってみてもらったら、ペン先交換で23000円ですねっていわれて、その場で決断できず帰った。

    2017-10-01

    しばらく(といっても3ヶ月もだが)直すかどうか悩んで放置していたのだが、ネットでしらべてNOMADO1230に画像を添付して見積依頼した。

    2017-10-02

    さっそく見積がきた。9720円でやってくれるらしい。ダメモトでやってみるしかない。

    2017-11-13

    修理の万年筆を送るための梱包一式が送られてきたのでパッキングして着払いで送り返す。

    IMG_20171111_020526IMG_20171111_025203

    2017-11-28

    NOMADO1230から電話。修理代金を払い込んでからでないと修理に着手しないという催促の電話。なんと、メールのうけとりにつかっていたお名前.comのメール転送サービスがクソで転送に失敗してた(これについてはお名前.comのサポートに問い合わせたが納得する回答が得られずクソ)。

    2017-11-29

    NOMADO1230から電話。ペン先を分解できない構造ため修理不能とのこと。ペン先を分解できない構造って、それって現物みなくても分かるよね?っておもったが、返金してくれるということなので了解。

    2017-12-08

    またしばらく放置してしまったが、oazo丸善丸の内本店にもっていって修理に出した。修理待ち行列のため最悪2ヶ月半くらいかかるかもとのこと。たぶんペン先交換になるとのことだが、とりあえずペン先オーバーホール3000円の予算で出した。

    2017-12-22

    丸善から電話。調整不可で交換23000円とのこと。修理に2ヶ月かかって2月下旬の予定。

    2018-01-26

    スマホの調子が悪くで電波つかまないのを放置してたので、丸善からの電話(1/23〜)が受けれてなかった。修理から帰ってきたとのとのことでさっそく受け取りに。修理控えをもっていなかったが電話対応してくれた人がいたので引き取りできた。24840円。

    P1170589xP1170590xP1170591xP1170593y

    ペン先をみると交換前→交換後でニブがかなり大きくなっている。これはうれしい。金はちょっと白っぽくなった。これはちょっと残念。金色っぽいのが好み。

    P1170594xP1170596xP1170597x





    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年06月29日23:57ペリカン トレド ペン先が曲がってしまった

    書き方にひねる癖があって左右が不ぞろいになるので、時々ペンの背を紙に押し付けてペン先をそろえていたのだが、なぜか力が入りすぎたのかぐにゃっといってしまった。

    _1140403x_1140402x_1140401x

    新宿伊東屋にもっていったら、たぶん修理は無理で交換になるから23000円、とのこと。とりあえずちょっと考えますといって帰ってきた。しかし、店員さんは限定品ですか?っていってきたからてっきり廃盤になってしまったのかとおもったが、まだ現行品だった。

    どこか修理してくれそうなお店にもちこんでみるかなぁ

    ペリカン トレド ペン先が曲がったので修理した



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2015年11月23日21:49ガーネットとスカビオサ購入

    ペリカンのエーデルシュタイン2015年版アメジストの紫色がよかったのだが、ネットで探してみたがどこも売り切れ。新宿で世界堂・東急ハンズ・高島屋をみてみたが置いておらず。予想外の結果にネットで調べKINGDOM NOTEというところがあるのを知って行ってみたが気軽に手にとる感じではなかったのでさっさと退出。

    結局、田中文栄堂でペリカン エーデルシュタイン ガーネット(濃い赤)ローラー&クライナー(ローレル&クリングナー;ROHRER&KLINGNER)スカビオサ(紫)を買った。

    _1030143_1030144_1030145_1030149_1030164_1030165_1030159x_1030160_1030161

    ちょちょっと試し書きして水にさらしたところ、ローラー&クライナーのスカビオサは没食子(もっしょくし)インクなので耐水性がペリカンBB並にはあった。ペリカンのガーネットは完全に水性で水に流れた。

    エーデルシュタインの瓶は肉厚でとてもきれい。蓋も加工精度いいかんじ。インクもいっぱいいっぱい入っていた。

    _1030425_1030429

    amazon, amazon



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2012年10月27日01:35ペリカン トレドの修理

    2012-09-21

    インクを入れようとしたら吸入ピストンが飛び出して根元まで引っ込まなくなってしまった。買ったのは2008年1月だから満4歳か。

    DSC08788

    2012-09-23

    伊東屋 新宿店 (小田急百貨店) にもってゆく。

    ピストン修理は2100円。ついでにリングのメッキはげもみてもらうことに。こっちは値段不明。1ヶ月くらいかかるかもとのこと。

    2012-10-04

    伊東屋から電話。(修理に出して、2週間ほど経過したところ)

    ピストン修理は2100円。メッキ修理は部品が日本にないのでドイツ送りになって4ヶ月くらいかかるし修理費も4000円くらいというので放置することに。ピストンだけなら国内で修理するので1ヶ月くらいとのこと。

    2012-10-06

    伊東屋から電話。

    ピストン修理は2100円で1ヶ月くらいという確認の電話だった。

    2012-10-24

    伊東屋から電話があったが会議中だったので取れず、伝言なし。

    2012-10-26

    伊東屋から電話。修理から返ってきたとのこと。

    夕方に取りにゆく。ピストンが壊れるのはよくあるのかと店員に聞いてみるがめったにないとのこと。もしかして、この万年筆はハズレだったんだろうか。インクを入れますか?ってきかれたけど入れてもらわずに持ち帰り。

    DSC00706 (1)DSC00696



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2012年04月07日09:29インクいれかえ

    ペン先ペン芯ユニットを外して水洗いした。ちょっと力を入れたくらいではペン先とペン芯を分離できなかったので丸ごと水に浸けてインクをふやかしたあと歯ブラシでこすったり本体にとりつけて水を出し入れしたりして清掃。普段から使っているしペン先が完全に乾いてしまうようなこともなかったのでそれほど大きなインクかすもでてこなかった。

    DSC01743DSC01744

    で、モンブランのブルーブラックからペリカンのブルーブラックに入れ替えてみたのだが、どうにも透明感がありすぎる。ブルーブラックはもうちょっと曇った感じがするはずなんだが。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2012年04月06日18:28ペリカンブルーブラック(ボトルインク)

    万年筆を買った時についてきたのはペリカンのブルーブラックで、ちょっと色が薄いなぁと思ってモンブランのブルーブラックにしたら濃くなったがインクフローがよくない。そろそろモンブランも吸入できない程度に少なくなってきたし澱もたまってきたし、新しいのを調達しに新宿世界堂にいってきた。LAMYにでもしようかと思ったらブラックとブルーしかなくて、無難なペリカンのやつにした。ブルーブラック以外も試してみたほうがいいかもしれないが、なにしろインクの入れ替えはめんどくさいし、無難ということになると万年筆くさいBBになる。

    万年筆をかったときのおまけ:

    DSC01700

    モンブランBB:

    DSC01698

    あたらしいペリカンBB:

    DSC01692DSC01694

    万年筆のなかにも澱がたまってきたのでペン先をはずしてなかまで掃除しないといけなさそう:

    2a5697ee.jpg

    瓶にでこぼこがあって品質が低いのかと思ったが、どうも突起が四角形に配置されているようなので、何かの印だろうか?

    BlogPaint

    せっかくなのでペリカンにといあわせてみた。ウェブから問い合わせしたらconfirmationがドイツから帰ってきたぜ。

    Subject: Pelikan Exclusive - Contact confirmation
    From: Pelikan Website <website@pelikan.com>
    Date: Fri, 6 Apr 2012 06:41:38 +0200 (CEST)
    
    ペリカンのブルーブラックボトルインクを買って気づいたのですが、
    瓶の肩に突起がついていますが、これにはどのような意味があるのでしょうか?
    
    この写真で赤丸をつけたところの突起です。
    http://livedoor.blogimg.jp/hkoie/imgs/a/7/a7c339cc.jpg
    
    よろしくおねがいします。
    

    なんと1時間半で返事が帰ってきた。これは日本から。TANAKAさん?

    Subject: お問い合わせ頂きましたボトルについて
    From: ペリカンカスタマーサービス <pel.cs@pelikan.co.jp>
    Date: Fri, 6 Apr 2012 15:16:33 +0900
    
    平素よりペリカン製品をご愛用頂きまして誠にありがとうございます。
    
    ボトル表面の突起は、ボトル製造時に出来うるものかと考えられますが、
    インクには何も問題の無い物でございます。
    ご安心の上、ご使用頂けます様何卒宜しくお願い申し上げます。
    ******************************
    ペリカン日本株式会社
    カスタマーサービス 
    
    〒110-0005
    東京都台東区上野1-1-12
    信井ビル 5F
    Tel:03-3836-6541
    Fax:03-3836-6545
    
    *****************************
    ******************************
    Customer Service
    Pelikan Japan K.K.
    Tel:  +81-3-3836-6541
    Fax:  +81-3-3836-6545
    
    *****************************
    

    瓶自体について聞きたかったんだけど、しかたないかな。

    2012-05-10追記






    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2010年09月15日15:35ペンクリニックにいってきた

    ペンクリニックに行くのは始めて。

    1ヶ月前に新宿伊東屋に万年筆のペン先調整をおねがいしにいったときに、もうすぐペンクリニックがあるとおしえてもらったので、webで日にちを確認したうえで行ってきた。

    f0affdb4.jpg着いたときには2人待ちだったが、1人10〜15分ということなので、そのまま待つことにした。ちょうど列が伸びそうな雰囲気だたので係の人が椅子をいっぱいもってきたけど、結局わたしの後は2人だった。

    ペンドクターはパイロットの奥野浩司さん。最初にペリカンを診てもらったところ、あまりずれてはないとのこと。指でちょっと調節してもらったが磨けばもうちょっと滑かにできるということで、緑色の紙みたいなもにペン先でクルクル円を書くように磨いてくれた。これでちょっとヌルヌル感がでた。買った当時ほどのツルツル感は戻らなかったが、書き始めのかっちっとしたタッチは戻ってきた。

    次に大学時代に買ったプラチナの万年筆がすぐに乾いてしまうのを直してもらえるか診てもらったが、これは中のプラスチックのキャップが劣化したことによるものだろうということで、修理するしかなさそう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2010年06月05日18:06万年筆

    3年前からつかっているペリカン ビッグトレドを会社のコピー機で600dpiでスキャンしてみたら結構きれい。手垢は拭き取っておくべきだった。緑色のインク窓が黒に写っているのは、たぶん、インクの色が出ているのと透過光がないためだとおもう。ペン先はMで、これがノートのA罫におさまるちょどいい太さ。

    20100605174959945_0001



    このエントリーをはてなブックマークに追加