記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    タグ絞り込み検索

    stationery

    2019年12月17日16:40プラチナ万年筆 PTS-50000 とペンケース

    ペリカントレドの軸からインクもれ修理が時間かかる(6ヶ月!)ので、新しい万年筆を買うことにした。

    プラチナ万年筆のPP-100000Hが気にいったけどすでに新品は売ってなかったので金属軸つながりでPTS-50000に決めた。現物はみてない。PP-100000Hはペン先の材質がPt-200(プラチナの割合が20%)という微妙な素材だし。ちなみに軸がプラチナで100万円もするthe primeはPt-790(プラチナ79%)。値段だけで選んでYahooショッピングでポチった。36230円也。9/1に注文したが取り寄せで9/14に無事届いた。

    _1240749xx_1240750x_1240751x_1240752x_1240753x_1240755x_1240756x_1240757x

    立派なケースに入っている。黒のインクカートリッジとコンバーターが付属している。

    キャップを外す。キャップがずっしりと重い。相対的に胴軸が軽く感じる。プラチナ万年筆はキャップが重いのが伝統なのか? 20年前に文房具屋のおやじに勧められて買ったプラチナ万年筆もキャップが重かった。キャップが重いと回転モーメントが大きくて書きにくいとおもうんだけど。そのおやじの説明ではキャップがペン先を持ち上げるので軽く書けるということだったが、そんなことはなかった...

    キャップが重いことよりも問題なのはこれ。外したキャップを胴軸に刺すとまったく固定される感じがなくてすぐ外れる。そういえばアマゾンのレビューでもそう書いてあったなぁ。もしかしてキャップは外して使えということなのか? とりあえず胴軸の先っぽに養生テープを貼って厚みをだしたら固定できてる感じ。キャップが下になるようにしても外れなくなった。見た目が悪いのでけっきょく養生テープははがしてキャップなしで筆記することが多い。

    キャップが重いことにはいちおうメリットもあって、キャップを閉めるときに指先でクルっと回すと慣性で最後まで回りきってきっちり閉る。きもちいい。

    ペン先の太さはMにした。ペリカンのMと比べるとプラチナのMはかなり細くて手帳に書きこむのにつかえるレベルの細さで5mm方眼のます目に漢字を書き込めるとおもう(もちろん字は潰れぎみになるが)。下の写真は、左がペリカンM、右がプラチナM。インクはプラチナのCLASSIC INK フォレストブラック

    _1250757x

    万年筆を買うのにあわせてペンケースも買った。文房具屋をまわっても現物はほとんどおいてないのでネットで探した。

    革!って感じがするやつがよかったけど、値段にひかれてwancherのにした。革は薄いけど芯がはいっているので鞄のなかでの押され耐性はすこし期待できる。アマゾンで2527円也。

    _1240739xx_1240740x_1240742x_1240743x_1240745x_1240746x_1240747x_1240748x

    実際にペンを挿してみるとこんな感じ。写真はわかりやすいようにちょっと飛び出させているが、実際にはちょうどペンが収まる長さ。

    _1240758x



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019年11月21日00:142020年の手帳

    今年もレイメイ デイリースケジュール。世界堂に買いに行ったら1割引きしかされなくて税込2970円。ネットで買った方がよかったと後悔しているところ。

    IMG_20191120_235233IMG_20191120_235258

    他に候補にあがったやつ:



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019年07月08日22:43ペリカン トレド 軸の継ぎ目からインク漏れ

    1か月前くらいから軸の指先が当たる部分(首軸)と透明部分(胴軸)の境目からインク漏れするようになった。じんわりと漏れてくる。

    どのあたりから漏れてるのかわからなかったので紙テープを巻いて放置してみた。

    _1240452x

    _1240451x

    _1240453x

    _1240454x

    右側からのインク漏れがひどくて左側からも少し漏れている。

    カバンに入れているときに軸を折る方向の力がかかったんだろうか。それともインクに侵されたんだろうか。

    万年筆を使うたびに指を拭かないといけなくて不便すぎるのでそろそろ修理に出すか。

    似たような事例をネットで見つけたが修理費はどのくらいになるんだろうか。

    2019-07-08

    丸善に修理に出してきた。まずは見積もり。お盆が近いので修理完了に時間がかかるかも、ということだった。

    IMG_20190708_224012

    2019-11-07

    丸善から修理完了の連絡。客先での打ち合わせの帰りに受取り。修理代金は10000円也。修理明細では修理完了日は2019-11-01と書いてあったがこれがドイツでの修理完了なのかペリカンジャパンに戻ってきた日付なのかは不明。

    • 不良内容
      • 胴軸首部ヒビ
      • ピストン劣化
    • 修理内容
      • 胴中軸交換
      • ピストン交換

    ピストン傷みすぎだろ。インクがよくないのかな。Rohrer&KlingnerのSchreibtineをいれてた。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018年11月29日22:232019年の手帳

    ずっとこればっか。

    IMG_20181129_221522

    24時間フルに記入できるので夜遅くまで起きてたり、朝早く起きたりしたりしても、ちゃんと手帳に書き込めるのが気に入っている。データとして活用するなら紙に書いてても仕方ないのだが、なんとなく日記的な日々反省する振り返り作業のツールとなっている。あと、たまに絶対忘れちゃいけないTODOとまれにある予定と。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2015年11月23日21:49ガーネットとスカビオサ購入

    ペリカンのエーデルシュタイン2015年版アメジストの紫色がよかったのだが、ネットで探してみたがどこも売り切れ。新宿で世界堂・東急ハンズ・高島屋をみてみたが置いておらず。予想外の結果にネットで調べKINGDOM NOTEというところがあるのを知って行ってみたが気軽に手にとる感じではなかったのでさっさと退出。

    結局、田中文栄堂でペリカン エーデルシュタイン ガーネット(濃い赤)ローラー&クライナー(ローレル&クリングナー;ROHRER&KLINGNER)スカビオサ(紫)を買った。

    _1030143_1030144_1030145_1030149_1030164_1030165_1030159x_1030160_1030161

    ちょちょっと試し書きして水にさらしたところ、ローラー&クライナーのスカビオサは没食子(もっしょくし)インクなので耐水性がペリカンBB並にはあった。ペリカンのガーネットは完全に水性で水に流れた。

    エーデルシュタインの瓶は肉厚でとてもきれい。蓋も加工精度いいかんじ。インクもいっぱいいっぱい入っていた。

    _1030425_1030429

    amazon, amazon



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2015年11月19日03:232016年の手帳

    _1030170x

    今年もレイメイ藤井の Davinci デイリースケジュール。世界堂で2400円。アマゾンの方が安いな。しくじった。

    こいつは年度スタートでも大丈夫なように2015年12月から2017年3月までの16か月分が入っているので毎年4か月分の紙があまるためメモ用紙にしているのだが消費が追いつかない。。

    数年前からスマホで撮影して簡単に管理できるよう下に番号が印刷されるようになったのだが、撮影するのめんどくさいし、まとめて撮影するのはもっとめんどくさいので、アプリは一度入れてみたけどつかってない。




    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2014年12月05日11:002015年の手帳

    懲りずに今年もレイメイ藤井のデイリースケジュール見開き片面1日24時間対応。

    夜型なので24時間がうれしい。1日1ページで管理するほど予定はないのだけど、睡眠時間を管理するのにつかっている。新宿世界堂(西口店には昨年同様おいてなかった)で2592円。

    _1250339




    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2013年12月13日03:182014年の手帳

    新宿の世界堂で2014年のリフィルを買ってきた。今年もレイメイ藤井 davinci デイリースケジュール見開き1日(DR1429)。2520円。不規則生活なので24時間なのがありがたい。

    _1130726

    それにしてもシステム手帳の売り場は狭くなったなぁ。東急ハンズはどうなってるかなぁ。

    コメントみたらアシュフォードのは廃盤だそうな。一年つかったことがある。紙は真っ白で24時間じゃなかったのでdavinciに乗り換えたのだった。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2010年09月15日15:35ペンクリニックにいってきた

    ペンクリニックに行くのは始めて。

    1ヶ月前に新宿伊東屋に万年筆のペン先調整をおねがいしにいったときに、もうすぐペンクリニックがあるとおしえてもらったので、webで日にちを確認したうえで行ってきた。

    f0affdb4.jpg着いたときには2人待ちだったが、1人10〜15分ということなので、そのまま待つことにした。ちょうど列が伸びそうな雰囲気だたので係の人が椅子をいっぱいもってきたけど、結局わたしの後は2人だった。

    ペンドクターはパイロットの奥野浩司さん。最初にペリカンを診てもらったところ、あまりずれてはないとのこと。指でちょっと調節してもらったが磨けばもうちょっと滑かにできるということで、緑色の紙みたいなもにペン先でクルクル円を書くように磨いてくれた。これでちょっとヌルヌル感がでた。買った当時ほどのツルツル感は戻らなかったが、書き始めのかっちっとしたタッチは戻ってきた。

    次に大学時代に買ったプラチナの万年筆がすぐに乾いてしまうのを直してもらえるか診てもらったが、これは中のプラスチックのキャップが劣化したことによるものだろうということで、修理するしかなさそう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加