記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    タグ絞り込み検索
    2012年12月27日20:44tmux: grouped session

    grouped sessionをつかうとscreenでのattachとおなじように、カレント・ウィンドウを独立に切り替えらえるようになる。

    それでもscreenとはちがって

    • screenは端末ごとにウィンドウのレイアウトを変えられるが、tmuxはpaneの配置は共有される。
    • tmuxのウィンドウサイズは一番小さな端末の画面サイズになる。screenは fit コマンドをつかえば任意の端末の画面サイズに合わせられる。

    grouped sessionのつかいかた

    まずは端末エミュレータを2枚ひらく。

    1枚目でtmuxコマンドを実行してセッションをつくる。ついでに C-b c でウィンドウをもうひとつ作っておく。

    tmux lsを実行するとセッションの一覧がでてくる。こんなかんじ。左端がセッション名になる。

    % tmux ls
    0: 2 windows (created Thu Dec 27 19:00:07 2012) [80x23] (attached)
    %
    

    つづけて2枚目で tmux new-session -s hoge -t 0 を実行すると

    一見 tmux attach した場合と同じようにみえる。

    でも current window を独立に切り替えられるところが違う。

    % tmux ls
    0: 2 windows (created Thu Dec 27 19:00:07 2012) [80x23] (group 0) (attached)
    hoge: 2 windows (created Thu Dec 27 19:02:38 2012) [80x23] (group 0) (attached)
    %
    

    2枚目で起動したtmuxセッションを終わるときは tmux kill-session を実行する。

    detachしただけだとセッションが残ってしまうことに注意。

    あと、tmux set -g aggressive-resize on を設定しておくのが吉。

    koie



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    トラックバックURL

    コメントする

    名前
     
      絵文字