雪の日の撮影でファインダーのコーティングが剥れた/ファインダーのコーティング剥がれはどうしてくれようて修理に金がかかるってんでそのまま使っていて、そのぼんやり加減にすっかり慣れてしまっていたが、やっぱりコーティングの境目がボケボケなので、覚悟を決めてコーティングはがし。

image

最初は台所にあったアルコールスプレーをティッシュペーパーにつけてゴシゴシ。まったく剥がれる気配なし。

さすがに除光液をためすのは怖かったので、KINGのクリーニングティッシュでゴシゴシこすってみたらきれいに剥がれた。。。あかんやん。。。

とりあえずスッキリはしたのでok。GH4でもコーティングは変わってないかもしれないので、クリーニングティッシュは使わないのがいいと思う。ファインダーの反射防止コーティングの効果は裸眼できっちり顔に押し付けたら外の光は入ってこないので角膜にファインダー像が写り込むのを防ぐ効果があるんだろうが、見えりゃいいんだよ。。。

浅沼商会のレンズクリーニングティッシュのページ(いつのまにかリニューアルしてた)をみると「CTR(ブラウン管)ディスプレィやプラズマテレビ、コンタクトレンズにはご使用しないでください。(表面コーティングを傷つける場合があります)」と書いてある。さすがにコンタクトレンズには使わないと思うが、あまりレンズにやさしい商品ではないような気がしてきた。コンデジの背面液晶モニターのコーティングが剥がれたのもこいつのせいかもしれないなぁ。。。