DMW-FL380Lを最小発光量1/128まで絞るとカタログによれば発光時間が1/20000秒まで短かくなるようなので、ディフューザ越しに光らせて動画を撮れば電子シャッターの幕速が分かるんじゃないかともって実験してみた。静止画の電子シャッターは連写Hでまぐれ当たりを狙う作戦で数十枚も撮れば1枚くらいは画面中央で(まぐれ)シンクロした。メカシャッターはシャッタースピード1/2000にして連写Hで50枚くらい撮ってみたら1枚当りが出たが、ほぼ画面全体が露光してた。これはどう理解していいのかわからず。

動画はMOV FHD(1920x1080)、静止画は4:3L(4608x3456)、絞りはどちらもF8で、表中の数値は露光したライン数。1080なら幕速とシャッタースピードが一致していることになる。

SS\mode 60p 30p 24p 30p EX 静止画
1/125 550 550 550 282 (試してない)
1/400 173 173 173 89 93

この結果から動画の電子シャッターの幕速はEXテレコンなしだと1/64、EXテレコンありだと1/32、静止画は1/10のようだ。EXテレコンありの方が遅いのはネットでもさんざんコンニャクが酷いといわれているが、EXテレコンなしのときにビニングして高速読み出しする仕掛がEXテレコンありだと使えない、という事情なんだろうか。

EXテレコンなし
    125 ÷ (1080 ÷ 550) = 63.66
    400 ÷ (1080 ÷ 173) = 64.07

EXテレコンあり
    125 ÷ (1080 ÷ 282) = 32.64
    400 ÷ (1080 ÷ 89)  = 32.96

静止画
    400 ÷ (3456 ÷ 93) = 10.76

SS\mode 60p 30p 24p 30p EX 静止画
1/125 P1190058 P1190062 P1190067 P1190071
1/400 P1190060 P1190065 P1190069 P1190073 _1190079
1/2000 _1190140
(メカ)