記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    タグ絞り込み検索

    hw

    2020年09月25日12:03PIERIA 引き出しデスクファン

    タカハシドウシシャの引き出しデスクファン FSV-11Uが安くなってたので買ってきた。もうすっかり秋になって欲しくはないんだけど来年使う予定で。700円はかなり安いぞ。値下げ前でも980円で安い。これだからタカハシめぐりはやめられない(ただし服は値段なりの品質のものがまざってるので要注意)。

    _1290055x_1290059x

    開封の儀。本体のほか、ACアダプタ・USBケーブル(DCプラグ)・説明書・アロマ用フェルトが付属。

    _1290060x_1290062x

    引き出しが2つついている。閉めめた状態ではストッパが効いているが、開けるとそのまますっぽ抜けてしまうので中のものをぶちまけてしまう恐れあり。

    _1290063x

    電源ボタンはファンを起こすと押せるようになっている仕様。プッシュボタンで切→弱→中→強→切に切り替わる凝り様。

    _1290067x

    電源ケーブルは底面に刺さるようになっている。スッキリ見えにするためか、これも凝ってるなぁ。消費電力は3.5Wと書いてあるので 3.5W / 5V = 0.7A か。

    _1290068x

    アロマをフェルトに染み込ませてファンで香りを出す機能付き。プラスチック部分はアルコールなどに耐えらえる素材なのかは不明。

    _1290069x_1290070x

    ファンの前面カーバは簡単に外せるようになっている。

    _1290071x

    モーターの仕様は5V 0.46A 2000rpm/94.2%pwmと書いてある。全体の電流が0.7Aなのでモーター以外にも結構電気をくってるんだろうか?

    _1290074x

    ACアダプタは余裕をもって5V 1Aの出力になっている。

    _1290078x

    ファンの音は振動・ガタつきはないが風切り音がそんなに静かではない。直径が大きいので静かなのを期待してたが、ファンの枚数が多いから甲高い音になってうるさく感じるのかな?



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年09月11日00:25スマホクリップファン

    ダイエーのワゴンをみてたら、スマホにつないでつかうミニ扇風機(ドウシシャ FSV-01A)が50円だったのでおもわず買ってしまった。元値は200円だったようだ。200円でも売れるとおもうが、売り場がよくないんだろうな。端子形状でiphone用とandroid用がった。色は白・グリーン・ピンクがあったが、無難な白にした。

    _1280863x_1280865x

    裏面にスライドスイッチがついている。USB端子はmicro Bで、type Cは変換アダプタをつかう。消費電力は5V 1.2W。(ドウシシャのページをみるとandroid版は1.2Wだがiphone版は0.5Wになっている。iphone版は回転数が低いんだろうか)

    _1280867x<_1280868x_1280869x

    クリップでスマホに固定する。クリップ部分にはすべり止めがついていてしっかり固定できる。ただ今どきは狭額なので取り付け場所にこまるが、クリップは透明なのでそんなに違和感はないかも。ファンも回ってれば後ろは透けて見えるし。

    _1280870x_1280896x



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年07月14日11:04DPF-W700-B廃棄

    7年前に父にプレゼントしたデジタルフォトフレームDPF-W700-Bだが、もうファームウェアがアップデートされないし、タッチしたときの反応が遅くてイライラするし、捨てることにした。実際、ほとんど電源をいれてもらえてなかった。中古iPadをフォトフレームにしたほうがよかったなぁ。

    IMG_20200714_080027



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年05月20日23:10Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S のバッテリ残量表示

    Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-SはPCのBluetoothデバイス一覧でバッテリ残量が表示されるが、正しく表示されなくて困る。

    朝は100%だったのに

    スクリーンショット (401)
     

    夕方に急に15%に落ちた。

    スクリーンショット (400)

    アルカリ乾電池ではなくニッケル水素電池をつかっているからかなぁ。ちなみにマウスの残量表示も正しくなくて困る。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年05月01日23:49マイクの音を比較してみた

    IMG_20200501_234708手もとにあるマイクの音を比べてみた。

    • ノートPC: Thinkpad X1 Carbon gen4の内蔵マイク
    • ヘッドホン: WH1000-XM3の(ノイズキャンセリング流用)マイク
    • カメラ: GH4の内蔵マイク
    • ICレコーダ: DR-07mk2

    テレカン向けではPCかヘッドホンのマイクが声がはっきり聞こえてよい。

    ヘッドホンのマイクはBT接続のためかノイズが多い。

    カメラやICレコーダのマイクは音質がフラットなので声が遠く感じる。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年03月08日20:23SDカードのパッケージが破損

    Sandisk ExtreamePro SDHC UHS-I 32GBのパッケージの接着が端子側がはがれてきていたが問題なく使えていたので気にせずそのまま使っていたらいつの間にかプラスチックが割れてしまってたようでカメラから取り出せなくなった。ペンチで引っ張っててなんとか抜き出したがカメラ側のダメージがなければいいけど。

    _1260461x

    拡大

    _1260461xx

    一体成型のSDカードというのもあるようだが、いやぁ高いな...

    SDXCの256GBあたりを買おうかと価格をしらべてたが(将来かうかもしれないGH5でもつかえるように書き込み速度を考えると)今は20円/GBくらいが安い方の相場だな。

    それで半日くらいつぶして結局ポチらず。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年01月31日23:44百均 Type-C → C ケーブル

    A→Cのケーブルで失敗したので、こんどはC→Cのケーブルをかった。

    _1260291x_1260292x

    急速充電にはならないけど低速じゃないのでこれで生活しよう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2020年01月28日23:59百均USB Type-A→Cケーブル

    スマホ充電用のType-Cのケーブルが断線してしまったので、A→Cのケーブルをかってきた。丸七 3A Type-C USB 充電・転送ケーブル50cm オーロラ

    _1260149x_1260151x

    パッケージに3Aって書いてあったのでてっきり急速充電できるのかと思ったら低速充電しかできなかった。ネットで検索してみると規格どおり56kΩ抵抗がはいってるとそうなってしまうようだ。なので3Aも流れることはないけどもし機器側が規格にしたがってないとMAXまで流れてしまう可能性があるということのようだ。わかったようなわからんような。

    低速充電でも寝てる間に充電がおわっているから良しとしよう、なっとくいかないけど。

    2020-01-31 追記

    このケーブル、どうもデータ通信できないみたいだ。パッケージにはできるってかいてあるけど。スマホをPCにつないでもPCが認識しない。ちゃんと使えるケーブルなら画面右下にこういうのが出るはず。

    スクリーンショット (375)

    充電速度もおそいしハズレケーブルだったかも。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019年12月28日18:11ThinkPadのキーボード負傷

    2019-12-21

    ThinkPadのキーボードにワインをこぼしてしまった。右側が被災して Backspace, \, Enter, 右Shift, カーソル, PgUp, PgDn がワインに浸った感じ。R, Fあたりにもちょっと飛んだ。

    ティッシュペーパーをキーボードの上においてざっくり吸い取ったあと、QUOカードを芯にしてティッシュをキーボードのすきまからつっこんで隙間に入り込んだワインを吸い取った。ディッシュに赤ワインの色がつかなくなるまで吸い取って電源切っての一晩放置。

    キーボードはつかえるがキーの感触はねっとりとして、やはり吸い取りきれなかったワインの糖分が悪さしてるようだ。冷えているときはなおさら調子がわるくてキー押下が重い。

    2019-12-28

    このままだと気分がわるいので分解掃除することにした。

    一番感触が悪い \ キーを外す。四隅を順番に爪でひっかけてゆっくり引っ張り上げていくとパチっと音がして外れた。この小さなキーにスタビライザーの金具がついててびっくり。パンタグラフの軸にワインの赤がみえるのでコンビニ弁当についてくるおてふきで拭き掃除。パーツが壊れるといやなのでパンタグラフは外さずに。スタビライザーの金具と、本体側の金具を滑らせる場所拭き掃除。

    キートップにスタビライザーをはめて、先を本体に通してキートップを所定に位置に置いて上から強く押すとパチっと音がしてはまった。

    キーのスイッチ部分は簡単には外れないようだし、中にワインが入った様子もないので、接点部分は密閉構造になっているようだ。

    つづいてEnterキーの掃除。おなじように外すとパンタグラフが2つに分かれていた。事件はキートップを拭き掃除しているときに起きた。おてふきでキートップを挟むようにして拭いているときに、ちょっと曲げるような力を入れたときにパキっとまっ二つに割れてしまった。もっと丈夫な素材だとおもっていたが顕微鏡でつかうカバーガラスなみに弱い。まじで弱い。薄皮煎餅よりも弱い。ちょうど真中で割れたが、キートップの構造的には縁の部分がリブになっているだけで中央部はただの平面。よくこれで Enter キーがつとまるなぁとおもうほど。

    IMG_20191228_165121IMG_20191228_165205

    割れてしまったものはしかたないので、断面をアルコールできれいにしてから瞬間接着剤でつなぎあわせて補修。見た目は最悪だが機能的には復活。

    IMG_20191228_170329IMG_20191228_170049IMG_20191228_170402IMG_20191228_170427

    Shiftキーやカーソルキーも掃除したかったが恐くなったので気持ちが乗ったときに掃除することにしよう...



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019年12月25日23:38Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S

    twitterみてたら新しいHHKBが出たというツイートがながれてきたので6時間くらい悩んで HYBRID Types-S をポチっとな。

    3日後(2019-12-13)に届いた。さっそく開封。

    _1250658x_1250661x_1250663x_1250664x_1250666x_1250667x_1250668x_1250669x_1250671x_1250674x_1250678x_1250680x_1250681x_1250682x_1250683x_1250684x_1250687x_1250692x_1250693x_1250694x

    気づいたこと

    • 底面のすべり止めゴムが大きくなったのと2点から4点に増えたので机の上で動かなくなった。
      • これをよいというひともいるが、個人的にはちょいちょいキーボードの向きを変える癖があるので不便な感じがする。
      • あとディスプレイ2面なので横のディスプレイをみながら打つときにキーボードもそっちに向けているんだが、滑らなくなって向きを変えるのが不便になった。
      • チルトスタンドを立てればゴム2個になる+接地面積が減るので解決するけど、チルトスタンドを立てない派なので。昔は立ててたけど手首を持ち上げない派なのでチルトスタンドを立てると手首がつらくなる。
    • チルトスタンドのロックが適切なかたさになった。これまでのHHKBではチルトスタンドを動かそうとすると「バキッ」と大きな音がするほど固かった。
    • これまでのHHKBではキーボードの下に布を置くと打鍵音が静かになるというワザがあったが、このHYBRID Type-Sは布がなくても十分静かになった。
    • スペースキーの打鍵音がずいぶん静かになった。これはうれしい。以前のはType-Sでもカチャカチャうるさかった。
    • Windowsのアプリからキーマッピングを変更できるようになった。
      • どうでもいいけど設定ファイルはJSON。
    • DIPスイッチの設定が設定ファイルをつくったときと読込むときで違うと読込めない。ちょっと不便だが仕方ないのか?
    • Windowsキーをつかいたい場合にはDIPスイッチをSW1=ON, SW2=OFFにしてWindowsモードにしておかないと、◇がWindowsキーとして機能してくれない。
    • Fn押したときのマッピングも変更できるのでカーソルキーを右ダイヤモンドからVIライクのHJKLにできてうれしい。
      • カーソル移動をHJKLにすると、もともとそこに割り当てられてたHOMEとPageUpがつぶれてしまうのでEmacsライクな割り当てで
        • Fn N = PageDown
        • Fn P = PageUp
        • Fn < = Home
        • Fn > = End
    • エネループ(ニッケル水素電池)でも動いた。仕様にはアルカリ乾電池しか書いてなかったのでちょっと不安だった。
    • どうでもいいけど付属の電池はちゃっかり富士通製。
    • 操作せずに30分放置で電源が切れるのはちょっと短かい。ソフトから設定を変更できるようにならないかな。
    • どうでもいいけど、USBはこれまで"Topre Corporation HHKB Professional"認識されてたのが"PFU Limited HHKB-Hybrid"に変わった。

    オマケでついてきたキーボードルーフ、使い道ないよなぁ... キーボードルーフをのせると自動で電源が切れる仕様だったら神だったのに...

    HYBRID Type-SとPro2 Type-SとPro2の音比較



    このエントリーをはてなブックマークに追加